Awano Lab.

慶應義塾大学理工学部電子工学科

About us

研究の特徴

カーボンナノチューブやグラフェンといったナノマテリアルは,その桁違いに優れた電気的,機械的,熱的特性から,多くの応用研究が世界的に進められています.なかでも3次元LSIのための銅配線に代わる微細配線応用や,放熱・実装応用は,明確かつ強い企業ニーズがあり,今まさに取り組むべきテーマと言えます.
 
またグラフェンに代表される2次元原子状薄膜分野では,FETをはじめとするデバイス応用に関する斬新な新しいアイデアが求められています.さらに私自身10年前から主張し,ようやくここ数年,世界のあちらこちらで産声を上げ始めた分野として,サーマルマネージメントのための『フォノンエンジニアリング』があります.かつて電子物性を高度なヘテロ接合材料技術を駆使して緻密にコントロールした『バンドエンジニアリング』が成功を収めたように,ここではフォノンをエンジニアリングするという新たな分野 を切り開く必要があります.
 
また,将来の『フレキシブルエレクトロニクス』や『プリンテッドエレクトロニクス』実現を目指し,有機半導体ナノデバイス分野への関心が高まっています,しかしながら,有機半導体はシリコンや化合物半導体と比べて材料安定性が未解決であり,またデバイス研究者の参入が遅れたため,デバイス物理の解明が遅れています.
 
こういった将来のエレクトロニクスを見定めた上で,粟野研究室では『ナノエレクトロニクスのブレークスルーは材料とデバイス物理から』という考えのもと,ナノカーボン材料や有機半導体をはじめとする新探究材料(Emerging research Materials)とその革新的デバイス応用に関する研究に取り組んでいます.

研究室の特徴

・業界ニーズと将来トレンドにマッチした研究を行います
・国プロなどの共同研究先のため,最先端の研究環境に身を置き,現役研究者との交流し,研鑽を積むことができます
・広い研究ネットワークの活用によって,自分に合ったテーマが見つけられます
・理論と実験の両方の研究ができます。両方やりたいという欲張りも大歓迎です
・企業での長い経験を活かし,社会が求める人材育成を目指します(研究戦略,コスト意識,実用化のポイントなど)